福岡市南区高宮にあるおおた内科消化器科クリニックの高濃度ビタミンC療法のページです。

アンチエイジング療法

AGEとは?

いつも食べているごはんやパスタ、デザートなどの糖分や炭水化物の多い食事が見た目の年齢を左右している?

AGEとは終末糖化産物(Advanced Glycation Endproducts)のことで、強い毒性を持ち、老化促進の元凶として注目される物質です。タンパク質に過剰な「糖」がこびりつき、タンパク質が糖化され、AGEと呼ばれる劣化したタンパク質のなれの果ての物質が溜まってくることによって広範囲にさまざまな病気の発症につながっていきます。
皮膚に蓄積されればしみ、しわ、たるみとなり、血管であれば動脈硬化、心筋梗塞、脳血管障害に、脳であればアルツハイマー病などの認知症に、目であれば白内障に、骨であれば骨粗鬆症、その他がんや変形性関節症など。ありとあらゆる場所で深刻な病気を引き起こす、とにかく厄介な曲者です。
またAGE値が高い方は、老化の進行が顕著で寿命が短くなることが報告されています。


AGEは、分かりやすく言えば、糖質とタンパク質を同時に加熱することでできるこんがり焦げた褐色の部分が、糖化した部分です。例えば、ホットケーキ。小麦粉(糖質)を練って、牛乳や卵のタンパク質を加えて加熱したホットケーキの、きつね色の焦げ目こそがAGEなのです。他にも、ステーキやトーストを焼いた時の褐色の焦げ目など、あなたも身近でAGEsを体内に取り入れているのです。


老化物質「AGE」が関わっている可能性があります!



当院では欧米で開発された体に溜まったAGE量を簡単に測定される機器を導入しました。



動画で解説!AGEとは?



体に負担がかからず、簡単にAGEを測定することによって体の焦げ付き度をチェックし、
早めのAGE対策を行って、健康寿命を延ばし、活気ある老後を手に入れましょう!



AGE対策

体内に溜まってくるAGE量をある程度低く抑えることによって加齢に伴うさまざまな病気や老化の徴候を緩やかにすることが出来ます。AGEの値が高い方は、以下の点に注意を払いながら、生活していくことが大切です。


食品由来のAGEを抑える・食後の血糖値を抑える

ページトップへ戻る