福岡市南区高宮にあるおおた内科消化器科クリニックの毛髪ミネラル検査のページです。

アンチエイジング検査

活性酸素とは?

呼吸により取り込まれた酸素は生きていくための代謝を促進し、その過程で活性酸素は発生します。
この活性酸素は、生命を維持するのに必ず必要なものです。
しかし、その活性酸素が過剰に発生すると身体を酸化(サビ)させ、老化や体調不良を引き起こしてしまいます。

つまり「必要だけど、増えすぎると困ってしまうもの」なのです。

必要だけど、増えすぎると困ってしまうもの

病気の90%は活性酸素が原因と言われています!


活性酸素増加の原因

私たちの周りにある以下のような原因により、活性酸素は必要以上に増加する傾向にあります。

  • ・大気汚染
  • ・食品添加物など
  • ・医薬品
  • ・電磁波、放射線、紫外線など
  • ・ストレス
  • ・激しい運動

酸化ストレスとは?

鉄がサビる(酸化する)、油が酸化するのと同じように、身体も日々酸化されています。その活性酸素が増えると脳や血管、皮膚の酸化,細胞へのダメージを与えて、がんの発生原因や老化の加速、抵抗力の減退、生活習慣病などの様々な機能障害を引き起こします。


肌のシワ、しみ肺機能低下

遺伝子損傷カチコチ血管・動脈硬化

  • ミトコンドリアと活性酸素
  • 活性酸素は外部からも・・・
  • 病気や老化を誘発

画像をクリックすると拡大します。


酸化・・・空気の汚染や紫外線、タバコ、アルコール、ストレスなどの生活習慣により、体内に過剰な活性酸素が発生し、脳の酸化、皮膚の酸化、血管の酸化、細胞にダメージを与えて、老化を早め体をサビさせて生活習慣病のリスクを高めます。


活性酸素はどんな悪影響を及ぼす?

〇肝炎、すい炎、腎不全など
活性酸素によってダメージを受けることで、臓器が炎症を起こすことがあります。
〇ガン、白血病
活性酸素が、細胞膜にとどまらず、細胞深くまで入り込んでDNAを攻撃すると、ダメージを受けた細胞ががん細胞に変質することがあります。血液のがんと呼ばれる白血病も同様です。
〇心臓病
心臓の筋肉に血液を送る動脈(冠動脈)で動脈硬化が起こり、血管が狭まることで、心臓病の症状が出ることがあります。
血流が悪くなったり、血流が完全に止まることにより、それぞれ狭心症や心筋梗塞を起こします。
〇脳血管障害
脳の血管で動脈硬化が起こり、血管が狭まることで、脳の血管障害が起こることがあります。
脳の血管に血栓が詰まって、その結果、その先の脳組織が死んでしまうのが脳梗塞です。
また、動脈硬化で脆くなった脳の血管が破れることで、脳出血やくも膜下出血を起こすことがあります。
〇高血圧
動脈硬化により血管が狭まり、血流がスムーズでなくなることで、血圧が上がることがあります。
〇糖尿病
すい臓の機能低下によりインスリンの分泌が減ってしまったり、ブドウ糖を消費できない状態になるなど、血液中のブドウ糖の量が増えて、糖尿病になることがあります。
〇肌トラブル
皮膚の細胞が活性酸素のダメージを受けることで、シミやシワができるなど、肌の老化につながります。

活性酸素は体内のあらゆる場所にダメージを与えるため、これ以外にも多くの病気の原因となる可能性があります。また、さまざまな組織の機能が低下することにより、総合的に病気になる状態が作り出されることもあります。
当院では簡単に活性酸素、抗酸化力を血液および尿で測定できます。体の酸化状態およびそれに対抗する能力を把握して健康維持に役立ててください。

当院では酸化ストレス度としてOSテスト、細胞内のDNA酸化損傷マ-カ-として8OHdG、抗酸化力としてAPテストを測定しています。

→治療方法については、〇オゾン療法〇飽和水素水点滴療法 を参照してください。

ページトップへ戻る