福岡市南区高宮にあるおおた内科消化器科クリニックの胃内バルーン治療ダイエットのページです。

メディカルダイエット

胃内バルーン治療ダイエットとは? 保険外診療

内視鏡を用い、胃の中にシリコンで出来た風船(医療用バルーン)を挿入して胃の満腹感を促進し、これによって食べられる量を少なくして減量する方法です。

誰でも治療は受けられるの?

20歳〜65歳までの方
BMI が 27 kg/㎡ 以上 の方(BMI=体重(kg) ÷ {身長(m) X 身長(m)})
肥満による合併症(糖尿病、脂質異常症、高血圧症 、睡眠時無呼吸症候群、非アルコール性脂肪肝炎など)のある方

以下の空欄に身長(cm)、体重(kg)を入力し、自分のBMIを計算してみましょう。

身長cm
体重kg

あなたのBMI・・・計算の数値がココに入ります

BMIの標準値は、22とされています。

※BMIとはBody Mass Indexの略で肥満度を表す指標として国際的に用いられている体格指数です。
[体重(kg)]÷[身長(m)の2乗]で求められます。

胃内バルーン治療ダイエット

【治療フロー図】

治療フロー図

シリコンバルーンは、6ヶ月以内(4~6ヶ月)に抜く事になっています、これまでに約7~20kgの減量が出来たと報告されています。
しかしバルーンを抜去した後、約50%の方がリバウンドするようです、リバウンドを来さないためにも食事運動療法をきちんと行う必要があります。

費用 600,000円(税込)
期待される効果 胃内バルーン留置期間中、およそ現在の体重の10-25%程度の減量効果が期待できます。
留置後6ヶ月後に取り出す必要があります。
適切な生活習慣を行うことでリバウンドを防ぐ可能性があります。
副作用について 内視鏡専門医が胃内視鏡で行うため、危険は非常に少ない治療です。
副作用・リスク
バルーン留置後、吐き気、腹部膨満感、腹痛を伴うことがありますが、これは治療効果と表裏一体であり、適宜制吐薬で対応させていただきます。
未承認医薬品等であることの明示、入手経路等の明示 本治療に用いる未承認医療機器は、医薬品医療機器等法上の承認を得ていないものですが、「医師等の個人輸入」により適法な輸入許可を得ています。日本では、未承認医療機器を、医師の責任において使用することができます。未承認医療機器についての情報「個人輸入において注意すべき医薬品等について」もご覧ください。
国内の承認医薬品等の有無の明示 本治療に使用できる同一の性能を有する他の国内承認医療機器はありません。
諸外国における安全性等に係る情報の明示 胃内留置バルーンとしてはFDAに認可されています。
(2004年/URL: https://apolloendo.com/orbera/

ページトップへ戻る