福岡市南区高宮にあるおおた内科消化器科クリニックの睡眠時無呼吸症候群のページです。

経頭蓋磁気刺激治療(TMS/Transcranial Magnetic Stimulation)

経頭蓋磁気刺激治療TMSとは?

TMS(Transcranial Magnetic Stimulation:経頭蓋磁気刺激)とは、コイルが生む磁気エネルギーを利用して、治療を受けられる患者さまは安静に座っているだけで、激しい痛みを伴うことなく、頭の皮膚の上から刺激するだけなので身体を傷つけることなく大脳や神経を刺激し、脳の特定部分を活性化する治療法です。
この治療を繰り返し行うことにより、脳の活動を引き起こし、現在まで多くの神経症状(頭痛、脳梗塞、パーキンソン症候群、ジストニア、耳鳴りなど)や精神医学的な症状(うつ病や幻聴など)に有効な治療法であることが報告されています。

磁気刺激治療(TMS)の特徴

長所 短所
薬物療法に反応しない患者さんにも効果が期待できる治療である 効果が出るまでに時間がかかる
抗うつ薬にみられる副作用がない 磁気刺激時に痛みを伴う事がある
認知機能の改善が期待できる 通院が必要である
電気痙攣療法ECTのような、静脈麻酔や筋弛緩薬などを必要としない 現在国内では、健康保険を利用できない(自費診療)
再発率が少ない

当院でのTMSを受けるための条件

  • 1.現在かかりつけである主治医の許可があり、自らの意思で治療を希望される方。
  • 2.心臓ペースメーカーや人工内耳(補聴器)、インプラント、頭部にクリップ、コイル、ステント等の金属製医療機器が体内に埋め込まれていないこと。
  • 3.うつ病の場合、継続的に薬剤を服用しているにもかかわらず、1年以上うつ症状が持続したり、再発を繰り返したり、薬剤による副作用が出ている方。
  • 4.脳血管障害の場合、発症後1年以上経過していること。
  • 5.慢性疼痛の場合、薬剤を服用しているにもかかわらず,6か月以上症状が持続している方。
  • 6.重篤な身体の病気がなく、日常生活に介助を要しないこと。
  • 7.20分以上の安静が保てること。
  • 8.今までに痙攣の既往がないことを対象に行います。

※これらの基準を満たしていても担当医師の判断により、TMS治療を受けられないことがあります。
なお、TMSを受けるには医師の診察と許可が必要です。

今までうつ病は“心の病気”と言われていましたが、最新の脳科学によって、実は“脳の病気”であると言われつつあります。これは、背外側前頭前野(DLPFC)という意欲や判断に関わる場所の活動が弱っている人がうつ病になると言われています。DLPFCが弱っていると扁桃体と呼ばれる恐怖や不安、悲しみといったネガティブな感情を出すところが暴走している状態になります。

TMSを繰り返し行うことによりDLPFCに磁気刺激を行い、低下している脳の活動を正常な状態に戻していくことによって意欲がわいて、かつ、脳の奥深くにある感情を司る部分である扁桃体を間接的に刺激することによって扁桃体の制御を取戻し、不安や悲しみが和らいできます。

この治療は麻酔などの必要がなく,治療中は覚醒した状態でリラックスしたまま治療を受けることができます。治療中に指で軽く叩かれるような軽い刺激があるだけで,抗うつ薬などにみられるような副作用はなく,安全性と優れた効果が特徴です。
また当院の機器は最新のモ-ドを搭載しているため、治療時間もより短くなっています(20~40分)。
この治療により、多くの方が、薬の減量あるいは薬を必要とせずに正常な生活に戻ることができます。
さらにこのTMSはうつ病だけではなく、認知機能の改善や脳こうそく後遺症、パーキンソン病、頭痛、不眠などにも効果が期待できると報告されています。
※なお、この治療は海外ではすでに保険が適応される確立した治療ですが、日本ではまだ保険認可されていません。

※費用については、患者様の状態により治療時間が異なるためスタッフにお伺いください。

ページトップへ戻る